毛髪を元気にする育毛剤

人には誰にでもヘアサイクル(毛周期)というものがあり、
髪が生え一定期間すると抜け落ち、また生え変わります。
この繰り返しでヘアスタイルをキープできるわけです。
しかし抜け毛や薄毛が気になりはじめた時、
そのときはヘアサイクルが乱れてしまっている状態です。
通常の生え変わる時期よりも早く髪が抜け落ちてしまい、
薄毛へと繋がってしまうのです。
なぜこのようなことになってしまうのでしょう?
考えられる原因は細胞が正常に働いていないからです。
ヘアサイクルの成長期という髪が成長する期間に
毛母細胞が働かなかったことが原因で、
弱く細い髪にしかならなかったため、
すぐに抜け落ちてしまうのです。
そんな方には育毛剤で毛母細胞を活性化させて
髪を元気にしてあげましょう!
毛母細胞に栄養をおくり細胞の働きを活発にします。
食生活の面では栄養をバランス良く摂取することを心がけ、
生活面でも規則正しく行いましょう。
そして育毛剤です。
栄養補給を目的とする育毛剤を選ぶことで、
毎日のケアから毛母細胞に栄養を補給することができます。
育毛剤を使用する前は頭皮をキレイに洗浄し、
毛穴をクリーンな状態にしておきましょう。

育毛剤はシャンプー選びで変わる

普通、皆さんはスーパーやドラッグストアで購入できる
シャンプーをつかっていると思います。
格安で簡単に入手できることが最大の理由でしょう。
しかしこのようなシャンプーの使用で
頭皮や髪を傷つけていることに気付いていますか?
通常にシャンプーには界面活性剤という
成分が含まれています。
この成分は洗浄力が強いため、汚れを落とすことでは
大活躍するのですが、実際は頭皮や髪に
強い刺激を与える成分でもあるのです。
シャンプーには洗浄力は必要です。
しかし必要な皮脂までを落としてしまう洗浄力は
必要ありません。
間違ったシャンプーを使うことは
育毛効果を低下させてしまいます。
シャンプーを変えることで育毛効果は瞬く間に
アップすることと考えられます。
まずは頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶことです。
優しい洗浄力で頭皮にも髪にも一切負担をかけないことを
原則とします。
1番手っ取り早い選択は育毛用のシャンプーを使うことです。
通常のシャンプーに比べると価格は何倍にもなりますが、
その分、髪にも頭皮にも優しい成分だけが配合されています。
育毛効果をアップするためにはシャンプーの選択には
注意しましょう。

育毛剤に市販のシャンプーはNG?

私たちが通常使っているシャンプーは、
安価で手に入りますしどこでも購入できるとして
気軽に使えるシャンプーですね
多くの方が利用していると思います。
しかし市販のシャンプーには洗浄成分として
合成界面活性剤が含まれています。
洗浄力が強いため、頭皮を清潔にするには良い働きを
してくれるのですが、困ったことに
必要以上に皮脂を落としてしまいます。
そのため頭皮が必要な皮脂を分泌しようと
過剰に働いてしまいます。
結果、毛穴は詰まり頭皮の状態が悪くなってしまいます。
もし、それが育毛中であればなおさらです。
育毛時の過剰な皮脂分泌は大敵です。
毛穴を詰まらせてしまう原因になります。
そして合成界面活性剤は頭皮に強い刺激を与えます。
毛根にダメージを与え、髪の成長を妨げます。
通常のシャンプーは抜け毛や薄毛になる
十分な要素を持っているのです。
そんなシャンプーを使い続けていれば
育毛効果は期待できません。
そればかりか抜け毛や薄毛を
どんどん進行させているだけです。
頭皮環境が整っていなければ育毛剤は力を発揮できません。
市販のシャンプーの使用をやめて
育毛効果を発揮できる頭皮環境を作りましょう。

過去の生活と育毛剤効果

世の中には薄毛や抜け毛で悩む方は大勢います。
そんな悩みを抱えている方の中には
遺伝だから仕方がない、
育毛剤なんて効果がない、
投げやりになっている方も少なくはありません。
抜け毛や薄毛の原因は、
当たり前のように今まで行ってきた生活習慣が
大きく関わっていることにも気付かず・・・
過去の生活習慣は将来の髪を左右するものです。
過去の生活の行いは育毛効果に現れるのです。
今まで不規則な生活を繰り返してきた方。
毎日の夜更かし、不規則な食生活、喫煙、飲酒
どれをとっても良いことではありません。
またこの中のひとつでも気をつけてきた方!
例えば食生活は不規則だったけど
睡眠時間はしっかり確保できていたという方。
このような方と、上記の項目に全て該当する方とでは
育毛剤の効果に違いが出るのです。
過去の生活1つ1つが頭皮や髪を傷めつけ
抜け毛や薄毛へと1歩ずつ前進していたのです。
今からでも遅くはありません。
過去は過去とし、今現在の生活を見直してみませんか?
何でもまずできることから始めていきましょう。
生活習慣を1つ1つに注意することは
必ず育毛に成果が現れます。
健康的な生活を心がけてみてください。

育毛剤は授乳中でも使える?

ホルモンバランスの崩れから抜け毛が増える場合が多く、
男性も女性も多くの方が悩まされているようです。
女性の場合は妊娠中や出産後に
ホルモンバランスが乱れ、抜け毛が増えることがあります。
育毛剤を使いたいけれど授乳中だから使えないという
女性も多く、抜け毛を放置している方も少なくはありません。
授乳中だから育毛剤を使うのは不安だという気持ちは
わかりますよね
化学成分が頭皮から浸透し、赤ちゃんに影響が・・・
確かに化学成分は危険です。
しかし無添加の天然成分で
作られている育毛剤ならどうですか?
妊娠中でも授乳中でも安心して使えるでしょう。
女性用の育毛剤は保湿成分をたっぷりと配合しています。
頭皮の状態を健康にし、栄養を促進しますので、
安心してお使いいただけます。
そして無添加であれば肌に負担をかけず、
女性に嬉しい成分ばかりを配合していますので、
抜け毛予防だけでなく肌への栄養補給も!
そしてホルモンバランスを整える成分を配合した
女性専用育毛剤もありますので、
産後の体型ケアだけでなく頭皮ケアもバッチリです。
産後の抜け毛が気になるようならストレスになる前に
育毛剤でケアをしましょう。

育毛剤は長期戦が基本

育毛剤を使うとすぐに効果が出ると思い、
使用している方がいるようです。
しかし思うような効果が出なければ
すぐに次の育毛剤にうつってしまうという
間違った使い方をしている方も多いようです。
育毛剤は薄毛や抜け毛の改善策ではありますが
決して治療薬ではありません。
即効性はありませんので、
すぐには効果は出ないものです。
育毛剤の基本は長く使い続けることです。
ヘアサイクルに準じて3ヶ月から6ヶ月は
使い続けなければ効果が見られません。
薄毛対策は言えば長期戦と思っておきましょう。
効果が出なければ諦めてしまうなんて
もったいないことはしないでください。
また次から次へと育毛剤を変えていくことも、
せっかくの時間が無駄になってしまいます。
少しずつ頭皮の状態を改善し、
髪が成長するのに適した環境を作っていきましょう。
継続するためには自分なりに工夫をすることも大切です。
育毛剤を使う上で1番のネックが価格でしょう。
定期購入ができるものなど、少しでもお得に購入できる
育毛剤を選べば無理なく続けることができるでしょう。
ネット通販では様々な育毛剤を比較することができますので、
是非利用してみてください。

育毛剤の前にヘアチェックを

抜け毛が増えると不安で不安で仕方がないでしょう。
抜け毛が増え始めるとすぐに育毛剤!
しかし育毛剤を使う前にヘアチェックを行い、
ご自身の髪の状態をチェックしてみましょう。
ヘアチェックはサロンや専門の医療機関で
育毛を行う場合には必ず行われることなのですが、
髪が弱くやせ細っている状態では要注意です。
また、髪と髪の間に産毛が生えている状態。
これは薄毛の兆候です。
かなり要注意の状態だと思っておきましょう。
頭頂部は自分でヘアチェックを行うのは困難ですので、
おでこの生え際を確認してみてください。
おでこには元々産毛が生えています。
健康な髪であれば生え際から太く元気な毛髪が
生えているのですが、
長期間抜け毛が続くと薄毛になってしまいます。
おでこが広くなった?!
そんな方は後退している証拠です。
うっすらと太い髪はあるけれど、
その間が産毛になっている方は
もう後退してきているのです。
その症状が進行しないように
育毛剤で抑えなければなりません。
髪型は誰でも毎日見ていますが、
頭皮は自分では見るものではありません。
抜け毛が増える前にも定期的に頭皮や
髪の状態をチェックしてみてください。

育毛剤の前に~頭皮の色を確認

抜け毛が増えると薄毛になるサインです。
しかし抜け毛の数は季節によっても
ヘアサイクルによっても変わります。
増えたかどうかは簡単には判断できません。
では頭皮の色はどうですか?
健康な頭皮の色は青白い色をしています。
オレンジがかった色や赤みのある色、
ピンク色、茶色っぽい色の頭皮は
血行が悪いかもしくは何らかの症状を訴えている証拠です。
頭皮は正常な状態でなければ健康な髪が生えてきません。
いくら育毛剤を使っても無意味だということです。
抜け毛が増えたり髪が薄くなったな~と感じると、
すぐに育毛剤に頼るものですが、
育毛剤を使う前にまずは頭皮の色を確認してみましょう。
育毛剤は頭皮の環境を整えてから
使用しなければなりません。
今までのシャンプーを育毛シャンプーにかえ、
頭皮環境を整えていきましょう。
頭皮の色が青白い色に変化してくると
育毛剤使用のOKサインです。
自分で判断が難しい場合は、
専門医に相談してみるといいですね
育毛剤はむやみやたらに使用しても
時間の無駄になるだけです。
根気良く続けなければならないものですし、
少しづつでも良い変化がなければ
続けていくのも難しいですものね

育毛剤と内臓トラブル

育毛剤とはいっても、身体に支障をきたす作用がある成分が
あることを知っておきましょう。
育毛剤の代表的な成分である
フィナステリドやミノキシジルは
育毛や発毛に有効な成分ではあります。
どちらも低濃度の配合のものは、
ネット通販や市販でも手に入りますが、
高濃度のものになると医師の処方が必要です。
しかしこれらの成分は非常に強いもので、
内臓に負担をかけてしまうこともあるのです。
フィナステリドは肝機能が低下している方が使用すると
肝機能障害を起こす可能性があります。
またミノキシジルは血管を拡張させる作用があります。
そのため急激な血圧の降下で
心臓や腎臓に負担がかかることがあります。
内臓にトラブルがある方や、高血圧や低血圧の
治療を受けている方が、
フィナステリドやミノキシジルを使用する場合、
十分に注意しなければなりません。
医師に相談の上、しっかりと吟味し使うようにしましょう。
最近では個人輸入という形で
海外の育毛剤をしようしている方がいるようです。
海外の育毛剤は医薬品規定が甘いため、
市販のものにも強い成分が高濃度で配合されています。
安易に使うと危険です!
十分に注意してください。

育毛剤の宣伝には騙されないこと

育毛剤はCMや雑誌などのメディアで
色々と宣伝されています。
正直、宣伝だけをみていると本当に効果があるのだろうなと
感じてしまいます。
育毛剤だけに限らずあまり効果がないかも・・・
だなんて宣伝はしません。
何もかも良いように表現するのが普通ですよね
どんな宣伝でも隅のほうに小さな文字で
「効果には個人差があります」と記載されていますが、
まさにその通りなのです。
100人中100人に効果があっても
100人中1人しか効果がなくても、
「効果には個人差があります」と言う文字は当てはまります。
また、before afterの画像はつき物です。
この画像、本当にフサフサになっているものばかりですが、
本当に信用しても良いのでしょうか?
薄毛や抜け毛に悩んでいる方の大半は、
きっと自分もこんな風になれるんだ!と共感するでしょう。
しかし「効果には個人差があります」と言う文字を
思い出してみてください。
育毛剤選びを失敗しないようにするには、
宣伝文句に騙されないことです。
大事なのはその育毛剤が
本当に自分に合っているのかどうかです。
そこに重点を置いて育毛剤選びをするようにしてください。