育毛剤と内臓トラブル

育毛剤とはいっても、身体に支障をきたす作用がある成分が
あることを知っておきましょう。
育毛剤の代表的な成分である
フィナステリドやミノキシジルは
育毛や発毛に有効な成分ではあります。
どちらも低濃度の配合のものは、
ネット通販や市販でも手に入りますが、
高濃度のものになると医師の処方が必要です。
しかしこれらの成分は非常に強いもので、
内臓に負担をかけてしまうこともあるのです。
フィナステリドは肝機能が低下している方が使用すると
肝機能障害を起こす可能性があります。
またミノキシジルは血管を拡張させる作用があります。
そのため急激な血圧の降下で
心臓や腎臓に負担がかかることがあります。
内臓にトラブルがある方や、高血圧や低血圧の
治療を受けている方が、
フィナステリドやミノキシジルを使用する場合、
十分に注意しなければなりません。
医師に相談の上、しっかりと吟味し使うようにしましょう。
最近では個人輸入という形で
海外の育毛剤をしようしている方がいるようです。
海外の育毛剤は医薬品規定が甘いため、
市販のものにも強い成分が高濃度で配合されています。
安易に使うと危険です!
十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>