無添加の育毛剤は効果がない?

無添加の育毛剤は危険な成分が配合されていない分、
効果がないのではないか?という声が上がっているようです。
防腐剤、香料、着色料は含まれていませんし、
その他の化学合成成分も使われていません。
頭皮に優しいことは間違いありませんね
育毛成分は天然成分となっています。
人体にも地球にも優しい無添加育毛剤の
気になる効果は・・・
医薬品の育毛剤に比べれば効果は劣ります。
ですが自分に合った育毛剤を使っていれば
効果がないということはありません。
ご存知のように育毛剤は長期間の勝負となります。
天然成分がゆっくりと頭皮の状態を良くしていき、
またゆっくりと細胞に働きかけるのです。
誰にでもヘアサイクルはありますので、
すぐに効果が現れるわけではないのです。
成長期、後退期、停止期のサイクルに順じて
育毛剤の効果を発揮します。
無添加の育毛剤だから効果がないのではないか?
それは間違っています。
あなたは危険を承知で強い成分の育毛剤を選びますか?
私なら長くかかったとしても
安心して使える育毛剤を選びます。
頭皮に負担をかけない優しい成分の育毛剤で
安心して育毛ライフを過ごしていきましょう。

育毛剤

無添加の育毛剤でも安心はできない

防腐剤や香料、着色料は頭皮に負担がかかるとし、
無添加育毛剤を選ぶ方が増えています。
特に敏感肌や肌の弱い方は、成分に関しては
過敏になっていることでしょう。
またこれらの化学成分で
アレルギーが起こることもありますので、
甘く見ない方が良いようです。
無添加育毛剤なら安心して育毛生活ができる!
と思っていたらそうでもなかったのです。
無添加育毛剤は植物天然由来の成分が
主成分となります。
天然成分なら安心でしょ!と思うでしょうが、
植物アレルギーがあることを頭に入れておいてください。
しかし無添加と書いている育毛剤でも
成分表は隅から隅までチェックする必要はあります。
まれにほんのわずかな濃度で合成化学成分が
配合されていることもあります。
無添加だからと安心して使用をすると
頭皮に異常が現れた。
成分を確認すると防腐剤は使っていないけれど、
香料や着色料には少しだけ合成成分を
使っていたなんてこともあり得ます。
無添加だからと安心せずに
購入前には念のために成分表を確認してみましょう。
今お使いの無添加育毛剤にも
何か化学成分が配合されているかもしれません。
頭皮に負担をかける成分は育毛には不要ですね

使いやすいスプレータイプの育毛剤

育毛剤というと、頭皮に塗りマッサージをして
浸透させるもの。
他には飲むタイプのものなどよく知られています。
そしてもうひとつ人気のある育毛剤が、
スプレータイプの育毛剤です。
スプレータイプの育毛剤は使いやすいことで
人気があります。
そしてシュッと頭皮に吹き付けるので、
爽やかな爽快感があります。
しかしその反面、多少なりとも頭皮に負担がかかることを
覚えておかなければなりません。
そんなことから考えるとスプレータイプの育毛剤は
誰にでも合うというわけではないようです。
肌が弱い人や肌が敏感な人はスプレータイプの育毛剤は
避けたほうが良いでしょう。
ですが、やはり使いやすい面では
育毛剤の中では1番なのではないでしょうか?
液体の育毛剤は手にとって頭皮に塗りこみます。
スプレータイプの育毛剤は液だれの心配もなく
頭皮にシュッとスプレーし、もみこむだけ。
ほとんど手を汚さずに育毛剤が使えますので、
そういった点でスプレータイプの育毛剤を
愛用する方が増えているようです。
とはいっても大切なのは自分に合うかどうかです。
抜け毛や薄毛の原因に合った成分配合の
育毛剤を使用しましょう。

育毛剤の複数使用の注意点

薄毛や抜け毛が目立ち始めると、
少しでも早く効果を出したいという思いから
複数の育毛剤を併用する方がいます。
中には数種類もの育毛剤を
使用方法を無視して1日に
何度も使用している方もいるようです。
気持ちはお察ししますが、
いくら育毛剤を複数併用したところで
効果が早まることは考えられません。
そればかりか、色々な成分の育毛剤を使うことで
頭皮の状態、そして薄毛や抜け毛を
悪化させてしまいかねません。
実際に、育毛剤の説明書きに他の育毛剤との併用を
禁止している商品も多く、やはり使用方法は
必ず指示に従わなければなりません。
もしも、複数の育毛剤を
まとめ買いしてしまったと言う方がいるのなら、
1種類を使い終わってまた次の育毛剤・・・
という使い方ではなく、
頭頂部、生え際と部分で使い分けてみるのは
いかがでしょうか?
もしかすると使っているうちに
どの育毛剤が自分に1番合うのかがわかるかもしれませんね
ただし絶対に同じ部位に複数の育毛剤を使用することは
やめてください。
トラブルの原因になりかねません。
違う目的の成分を複数併用すれば
副作用が起こる可能性もありますので、
注意してください。